GIDinfoのこと

GIDinfoのこと

コンセプト

わたしたちは、GID(性同一性障害)、GD(性別違和)のFTM当事者による、当事者のための情報サイトを目指しています。
未だに法律や治療の制限は多いのですが、それでも様々な選択肢を見つけられるような情報発信を心がけています。
GIDinfoのサイトで、心配事や不安ごとが軽減され、未来のFTM当事者の道しるべになれれば嬉しいです。

GIDinfoの成り立ち

管理人の平均年齢は30代と、結構高めです・笑
当時はほとんど手探り状態で、GID当事者の個人ブログをはしごしたり、関係者・当事者の口コミだけが情報網という時代でした。
時代は変わり、SNSの普及でFTM/MTFの当事者やセクマイの方達と交流はできるようになり、
スマホで簡単にサイトを見る回数が増えた時代になっても、
なかなかまとまったサイトがなかったり、GIDが情報商材として扱われたりしているのに疑問を抱き、
「GIDに関する情報提供への対価として、お金を請求するべきではない」
という思想から、一念発起でこのサイトを立ち上げました。

管理人達の本職都合上、更新頻度は遅くはなってしまうのですが、
試行錯誤しながらでも、少しでも多くの人たちに有益な情報を広めていければと思います。

主に、セクシュアリティの事を取り上げているので、絶妙な表現はご容赦頂ければと思います。
(FTMグッズ・アダルト要素を多く取り扱った裏サイトの構築も進めていますが、いつになることやら…)

GIDinfoの管理者達の略歴

巧巳

GID TS FTM
担当:WEBサイト構築担当
2002年 幼少時から性別に違和感があり、自殺未遂をして息を吹き返す
2004年 性同一性障害の特例法ができたが群馬出身のため情報網がなく、思い切って上京しカウンセリングを受けGIDと診断される
2008年 手術代の資金を貯めて、アテンド業者を使ってヤンヒーでSRSを受け、ティンと出会う
2009年 氏名・戸籍改訂されて、晴れて男として働けるようになる

ティン

GID TS FTM
担当:サイト更新担当
2004年 アメリカ マサチューセッツ州ボストンにて留学し、後にHALに出会う
2007年 留学しながらジェンダークリニックにかかり、GIDと診断される
2008年 タイ ヤンヒーホスピタルに個人渡航しSRS手術を受け、アテンド業者のつながりで巧巳を紹介される
2009年 氏名・戸籍改訂完了

HAL

TG(クィア) FTM
担当:サイト更新担当
2004年 昔から女の子も好きだったが、特例法を知ってGIDではないと思い込む
2005年 留学を通じてティンと出会い、彼の治療経過を見ながらやはり自分はGIDではないと再確認する
2006年 念のためにティンと同じクリニックにかかり、自分のセクシュアリティについて考え、心理カウンセラーを目指すようになる
2014年 今も心理カウンセラーになるべく、現在も都内の大学院で勉強中

GIDinfoでは性同一性障害、性別違和、セクシャルマイノリティのライターさん・情報提供を募集しています

管理更新は3人で行っていますが、それでもなかなか追いつかない状態です。
「こんなグッズあるよ」とか「こんな議論がされている」とか「ウケ狙いネタ」など、
性同一性障害・性別違和・ジェンダーに関わる情報提供を募集しています。


興味のある方は是非ご連絡ください。