思春期に男女の性別が変わる!?

思春期に男女の性別が変わる!?

[記事ソース:日経ビジネス] 2014年4月13日

 20世紀に「DNAの二重らせん構造」が発見されて以降、人類は遺伝のメカニズムを研究してきた。その結果、人間の個性や能力などが遺伝子による部分があることを多くの人が知ることになった。だが、生まれた後の努力や経験、置かれた環境によっても、人は変わることができる。そのメカニズムの主役となるのが「細胞」だ。
 細胞は「体を構成する部品」と捉えられることが多いが、近年の研究ではそうでないことが明らかになってきた。1つの自律した生命体のように、自ら周りを探り、状況を判断し、自らを変化させているダイナミックな存在なのだ。細胞の中には、我々の経験を反映する仕組みが隠されている。
 NHKでは、最新の細胞研究を紹介する「人体 ミクロの大冒険」を3月29日から4回にわたって放送した。番組中では、iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授と劇作家・演出家・役者の野田秀樹氏が“細胞”について対談した。
 日経ビジネスオンラインでは、番組で紹介できなかった対談のすべてを掲載する。今回のテーマは思春期だ。細胞が放出するホルモンによって、細胞社会は大きく変化する。(今回のゲストは、作家の角田光代氏とタレントの松嶋尚美氏)

[提供元:日経ビジネス] [記事全文を表示]