「声優アイコ」に極悪余罪浮上…バーでも昏睡強盗の可能性

「声優アイコ」に極悪余罪浮上…バーでも昏睡強盗の可能性

[記事ソース:東スポWeb] 2014年7月11日

 睡眠薬入りの酒を飲ませ、男性会社員(23)から現金や腕時計35万円相当を奪った昏睡強盗容疑で逮捕された“声優アイコ”に別の昏睡強盗疑惑が浮上した。しかも被害に遭ったのが店舗だというから大胆な犯行。逮捕された女・神いっき容疑者(30)の手配写真と同じ風貌の女が昨年5月、東京・新宿のバーで、店員を相手に同様の手口で売上金を強奪していた可能性が出てきた。被害に遭った店のママが本紙に、その驚くべき不敵な手口を重大証言した。

 神容疑者は本紙昨報通り、自身のブログで「性同一性障害者」(戸籍上は女)を自称し、普段は男性の風貌で生活しながら、犯行時にはメークを施して“女装”し、加藤あい似の美顔になって犯行を繰り返していたとみられている。警視庁は同様の余罪が十数件に及ぶとみている。

 そんな中で新たな余罪が浮上した。被害に遭ったのは、東京・新宿の路地に店を構えるバー「A」で働く30代の男性店員Bさんだ。事件が起きたのは昨年5月のことだった。

 店のママが語る。

「その日は日曜日で、たまたまバイトのB君1人に店を任せていたの。本来やってはいけないんだけど、近くの大通りで女の子をキャッチして午後11時ごろ店に連れて来たらしいの」

 その女こそ“アイコ”こと神容疑者に違いないというのだ。「B君がキャッチした女は、途中で『買い物したい』と言ってコンビニに立ち寄ったんだけど、ウチの店に着いて早々、B君に健康飲料を薦めたんだって。それをB君が飲んじゃったら、そこから記憶が飛んでしまったの」

 Bさんは早朝6時ごろ、店の出入り口のすぐ外で口から泡を吹いて倒れているところを警察に保護された。

「警察も酔っ払いが行き倒れているくらいに思ったみたい。お酒もたばこもやらないB君が、口から泡を吹いていたのよ。絶対に健康飲料に睡眠薬を混入されたんだと思う」(同ママ)

 警察がBさんを保護するのを見かけた常連客の連絡で事件を知ったママが朝、店に駆けつけると、入り口のドアは施錠されておらず、レジは使い方を知らない者が無理やり開けて閉めたのがハッキリ分かるように、壊れた状態で閉められ、当日の売上金4万3000円がそっくり消えていたという。「店はガラス張りで通りから中が見えるけど、日曜の深夜は人通りが少ないからね」とママは肩を落とす。

 Bさんは店に戻ってすぐに昏睡状態に陥ったために記憶もあいまい。だが、今年4月になって警視庁が「声優アイコ」を名乗る昏睡強盗容疑者の動画や顔写真を公開すると、ママに促されて手配写真を見たBさんは、すぐさま「顔とヒョウ柄の特徴的な帽子だけは覚えている。店に連れてきた女と一緒だ!」と断言したという。

 Bさんはこれまでに警視庁に被害を相談していたが、神容疑者が逮捕されたことで、被害届を提出する意向だという。

 神容疑者は、逮捕容疑となった東京・杉並区内の会社員男性(23)宅で、男性を睡眠薬で眠らせ現金2万円と腕時計など計35万円相当を奪った事件のほかにも疑いがある。昨年12月に上目黒の会社員男性(32=当時)宅で、男性を飲酒後、眠らせ現金と時計など計45万円相当を奪った事件や、昨年10月に東京・JR恵比寿駅で声をかけた40代の男性と居酒屋で飲酒後、一緒にホテルに入り、財布や携帯電話を奪った事件などへの関与だ。

 これが神容疑者の犯行となれば、被害男性宅やホテルという密室だけでなく、いつ客が訪れるかも分からない繁華街のバーでも、店員を相手に大胆に昏睡強盗をはたらいていたことになる。

【関連記事】
逮捕された声優のアイコ「オトコとオンナ」使い分けていた
爆乳女子高生グラドル・ゆうみ 将来の目標は「声優さん」
井上真央 大好きな「アンパンマン」で声優初挑戦
上戸彩「マレフィセント」の吹き替え声優に!アンジーとの奇跡のツーショットも実現
加藤あい 、 性同一性障害者 、 昏睡強盗 を調べる

[提供元:東スポWeb] [記事全文を表示]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。