183自治体で性別欄なし 印鑑証明、性同一性障害に配慮

183自治体で性別欄なし 印鑑証明、性同一性障害に配慮

[記事ソース:47NEWS ] 2015年5月30日

 
性別欄をなくす前(上)と後の東京都品川区の印鑑登録証明書(写真の一部を画像加工しています)

心と体の性が一致しない「性同一性障害」の当事者に配慮するなどの理由で、性別欄のない印鑑登録証明書を発行する市区町村が31都道府県の183自治体に上ることが23日、当事者団体が総務省に照会するなどした調査で分かった。

市区町村は全国に約1740あり、1割強に当たる。団体は「理解が進んできたがまだ不十分。不要な性別欄の削除を求めていきたい」としている。

調査したのは「日本性同一性障害と共に生きる人々の会」(東京)で、大半が2013年7月時点のデータ。

都道府県別で最も多かったのは東京都の38自治体で、愛知の19、埼玉の18、北海道と長野の各15などが続く。

 

[提供元:47NEWS ] [記事全文を表示]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。