同性カップル:証明書8組に…渋谷・世田谷区

同性カップル:証明書8組に…渋谷・世田谷区

[記事ソース:朝日新聞] 2015年11月6日

宣誓書を提出した同性カップルを「結婚に相当する関係」(パートナーシップ)と認め、受領証を発行する制度を創設した東京都世田谷区は5日午後、7組のカップルに受領証を交付した。5日午前に証明書発行を始めた渋谷区に続いて、自治体が同性同士の「結婚に相当する関係」を証明する全国2番目の事例。

 渋谷区が証明書の発行を条例化したのに対し、世田谷区は「要綱」に基づく制度。カメラマンの中川司さん(42)とパートナーシップの宣誓をした料理研究家、寺井幸也さん(26)は「宣誓に法的効力はないが、好きな人ができて、ずっと一緒に生きていきたいと思った時に『結婚したい』と素直に思った」と笑顔を見せた。

 手話講師、高野幸子さん(44)と宣誓した手話通訳士、高島由美子さん(45)は「耳の聞こえない人たちにも性的少数者(LGBT)はいる。ろう者の間でも理解が深まればいい」と話した。

 保坂展人世田谷区長は「今日は『はじめの小さな一歩』。ただし、その波紋はきっと全国の市町村に広がり、やがては国の法改正の議論につながる」と述べた。【早川健人】

[提供元:朝日新聞] [記事全文を表示]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。