性的少数者のカミングアウト「後押しの法律を」 細野氏

性的少数者のカミングアウト「後押しの法律を」 細野氏

[記事ソース:朝日新聞] 2016年5月9日

細野豪志衆院議員(性的少数者の課題を考える超党派国会議員連盟の顧問)

 去年は東京都渋谷区の条例がニュースになったが、今年は国会が動くか動かないかだ。我々(民進党)は差別解消(法案の骨子)というたたき台を出しており、せめてそこまではいきたい。ただ、自民党からそれとは違う案が出てきた。

 (自民党は)「カミングアウトする必要のない社会」というが、これ(「東京レインボープライド2016」のパレード)を見たら分かる通り、カミングアウトして自由に生きたいという人は日本にたくさんいる。そういう人たちを後押しするような法律をつくりたい。我々は国会議員なので、そこ(立法)で役割を果たしたい。ちょうど今、分水嶺(ぶんすいれい)、分かれ目だ。(パレードの出発前、東京・代々木公園で記者団に対して)

[提供元:朝日新聞] [記事全文を表示]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。