性同一性障害の主人公を熱演 WOWOW連続ドラマW「片想い」に対する想いを語る

性同一性障害の主人公を熱演 WOWOW連続ドラマW「片想い」に対する想いを語る

性同一性障害をテーマとしたWOWOWの連続ドラマW「片想い」が10月21日土曜午後10時から始まる。「性の多様性」が注目される今、性同一性障害の主人公、日浦美月に挑む中谷美紀(41)は「性同一性障害への理解が深まればうれしい」と話す。

美月役のオファーを受けた中谷は、「絶対に無理」と思ったという。
「美月は男性ホルモンを投与しているという設定。私がそこまで体を近づけることができるのか…」。悩んだ末、ボディービル専門のトレーナーのもとで徹底的なトレーニングを積み、日々プロテインを摂取。腕は1・5センチ以上も太くなったという。
「中性的な雰囲気のある男性が演じた方がしっくりくるのでは」と思うこともあったというが、「こんなに苦しい思いをしても、本当の男にはなれないんだ、と気付いた。美月の『どんなにあがいても本物にはなれない』という葛藤が理解できたのは、女性であればこそ」と厳しいトレーニングをしても理想の体になれないことが結果的に役作りに貢献したと語る。

女性の体でありながら女性を愛する美月の気持ちを少しでも理解しようと、撮影現場では共演する国仲涼子(38)に「恋をしてみた」。その夫役の桐谷健太(37)をライバル視して「三角関係」の苦しさを疑似体験したという。

WOWOWの連続ドラマW「片想い」は、東野圭吾の人気ミステリーが原作となっている。
大学時代にアメリカンフットボール部の女子マネジャーをしていた美月は卒業後、男性として生活する。アメフト部の同窓会をきっかけに元部員たちと再会し「人を殺した」と告白。ドラマでは衝撃の事実が明かされていく。30代半ばを過ぎた美月や元部員が、さまざまなことにつまずき、「自分らしく生きたい」と願う青春群像劇となる今作。
性同一性障害というテーマを「物語の単なるエッセンスのように見られるのは避けたかった」と正面から向き合ってきたと言う。「人知れず悩みを抱えている人がいる。多くの人に見てもらいたい」

[GIDinfo編集部]